ドッジボールは好きですか? by上溝スーパーファイターズ
ドッジボールに対する監督/コーチの思いを書きこめたら・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
指導者の未来、チームの未来
「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

ほめてやらねば、人は動かじ。」

小学4年生の冬。
初めて見学に行ったJDBAのドッジボールは
当時クロネコヤマトがスポンサーである『春の全国小学生クロネコカップ』の
神奈川県予選でした。
見学なのにユニフォームを着せられベンチに立ち、右も左もわからない僕には、
2つ上の小学6年生がとても大きく見え、他チームらの攻撃陣に驚き恐怖し、
決勝戦を観客席から眺めながら「ああ、きっとこの人たちは特別なんだ。
日本一上手いんだ。」と思っていました。
その数ヵ月後、関東大会にて、“日本一上手い”神奈川県代表が
敗退してしまったことを知りました。
僕の知っていた日本はとても小さく、とても広い。

さて今回は監督やマネージャーでは無く、数か月ほど前から
上溝スーパーファイターズの練習に顔を出している、10年前の卒業生の更新です。
やっとチームの子らの名前を覚え、8/9.8/10に行われた大会に同行し
、監督のご厚意でコーチ席にまで降ろしてもらいました。
そして後日大会のDVDを手渡され、監督から「これを観て“元プレイヤー目線で”
感想を述べよ」との課題を賜ったので執筆します。

墨田総合体育館で行われたSUMMER CUP準優勝おめでとうございます。
台風が近づき大雨が降る中、引率してくださった保護者の方々に感謝です。
選手たちも湿気がムンムンとする中でよくやってくれました。かっこよかった。


友人に『暑中見舞い』で頂いた発泡酒を飲みながら、何度も何度も大会のDVDを
見直していくうちに、徐々にへべれけになりながらも沢山の発見がありました。
準優勝はしたものの、予選から決勝に至るまで、一試合たりとも気を抜ける試合が
ありませんでしたね。
試合開始から気迫負けし、陳腐なミスをしてしまって相手ボール。
そして味方が一人当てられる。

それでも盛り返し、勝ち上がっていけたのは、6年生「るりか」がアタックを撃ち始めてから。
全員実力はあるはずです。
にも関わらず大会序盤、攻撃陣には“迷い”が見受けられました。
「誰が攻撃をするのか」「誰がパスカウントを消すのか」連携が取れていない。
そして3試合目、そんな6年生の攻撃に業を煮やしたのか
12番「あいね」がキャッチからのアタック。これが成功してチームの雰囲気はガラッと変わり、
6年生の目を覚まさせることに。
1つのプレーが試合をひっくり返す。だからこそ『一本』
試合をひっくり返すカギは全員が誰しも持っているのです。
決勝リーグも苦しい戦いが続く中、若干の“迷い”を残しつつも、下級生のキャッチに助けられ、
決勝戦まで何とか上がることが出来ましたね。


ところで監督は大会の2試合目からベンチ入らず、代わりに僕を降ろしてくださいました。
遠慮する僕に「決勝進出することがあったらまたベンチ入るからさ~」と冗談交じりに言いました。
僕は真に受けて本気で決勝を目指し、5年生男子にある『指令』を出しました。

「マイボールになったら、真っ先に走ってボールを取りに行きなさい」
決勝戦まで投げるとなると、内野攻撃陣の負担はとても重いものになります。
マイボールを取りにいってくれる下級生がいるだけで負担はとても軽減されます。
その『指令』通りに5年男子「なつき」は毎試合元気に走り回ってくれていました。
その素直で一直線な気持ちにありがとう。

全体を通して守備はよくやってくれていたと思います。
春先に比べたら、格段に上手になっています。
特に下級生。これからも『一本』で試合を変えてね。
攻撃はまだまだ教えていないことが沢山あります。
しかし、その分このチームの『伸びしろ』とも言えます。
僕がなれなかった日本一上手い人になれると思います。

僕が6年生で不利な時、アタックが決まらない時、
いつも相棒「まなちゃん」が言葉ではなく
外野からの強烈なリターンで教えてくれました。
(ここが当たるよ)(このラインだよ)
今の上スパの選手たちにも仲間がいる。
負けっぱなしじゃ終われないよね。
その仲間と共に苦しい練習を乗り越え、今度こそ共に優勝カップを手にして下さい。
そして祝勝会でおいしいビールを・・・(笑)

注;タイトルは監督が書きました
スポンサーサイト
[2014/08/18 21:54] | 大会 | コメント(0) |
「明」と「暗」其の一
日本企業の平均寿命は30年。
但し、これは創業から倒産までの平均値であり
殆どの企業は業績のピークを10年目に迎え、
その後は徐々に衰退していく。
だから、企業は「変化」し続けて成長しようとする。

「上溝スーパーファイターズ」も、早いもので来年で
10年目を迎える。業績のピークが来るかどうかは
分からないが、それを信じて皆が動かなければならない。
こんなにも厳しくて、不自由で、不条理なチームが
10年間も存在するということ。周囲からみれば、入った
ばかりの方々からみれば、とても不思議だと思う。
でも、存在するということは「存在意義」があるから。
「存在意義」が無ければ自然に淘汰されているだろうし、
「存在意義」の無い、くだらないチームになった時は
自分が責任を持ってチームを「倒産」させる覚悟を、常に
持っています。

前回ブログにも書いて、見ていましたが、残念ながら
というか予想通りというか、6年生、親は「暗」の真っ只中。
県予選後にあれだけ話しをして、話し合い?もしたそうだが、
それで臨んだサマーオープンが「これ」ですか?
何処に、その話し合いが生かされていたんでしょう?
あの日の6年生は、親と全く同じで覇気の欠片もない。
それが分かりませんか?
あなた方の影響が大きいことに気付きませんか?
気付いても、どうして良いのか分からず、結局考えることを
辞めてしまっている。だから行動しない。当たり障りない
回答だけする。まあ、あなた方が十数年に渡ってサボって
きたことを直さなければならないので、一朝一夕に上手くいくとは
期待していません。でも、やるしかないんです。
だから、早く気付いて行動して欲しいのです。自分が諦めるのが
先か、6年生、親の行動が先か?試合が終わってしまったら、
結果は絶対に覆せないんですよ。
この大会で、多分チームとして初めて「応援の無い試合」を
子供たちは経験した。自分もベンチに入らなかった。
子供たちは、どんな気持ちで試合をしたのだろう?

こんな「暗」だらけの大会でも、救いだったこと。
第一試合で余りにくだらない試合をしたので、内野攻撃陣を
全て5年生に変更。すると、まあまあな試合をしてくれる。
特に、素晴らしい「飛び込み」を見せてくれた「ナツキ」。
退院したばかりで体調も万全ではないはず。なのに、あの
綺麗な飛び込み。マネージャーのたった一言で、ヤル気スイッチが
入った。本当に男は単純で優しい。
救いだったこと、其の二。
予選第三試合。終了間際まで二人差でリード。ところが、相手外野
からのアタックを不用意に取りにいった「イタル」。
これがアウトになり、引き分けで試合終了。
当然、試合後には「イタル」に対して大目玉。
「どうしてくれるんだ?」
今まで何人もの選手に同じ言葉で怒り、プレッシャーをかけたが
誰一人として返事ができた選手はいなかった。
「ゼロからやり直して頑張ります」
今まで見たことのない泣き顔とともに、「イタル」は、そう
答えた。嬉しさで思わず笑いそうになった。
「できる」「できない」が問題ではない。
「やる」か「やらない」かを見ている。
昭和のクソガキ天使二人は、期待通りに「やって」くれた。

「暗」だけで、かなり長文になってしまったので、楽しい
「明」については、次回に書きます。ジュニアの子たちは
楽しみに待っててくださいね。
[2014/07/23 23:44] | 大会 | コメント(0) |
大会考察
自分がドッジボールにハマってから10年。
これまで46名の卒業生を見送ってきた。
前身チームの「エンドレス」時代は、ベスト8に
なれば祝勝会、そんなレベル。
しかし「たつひろ」と「りょうた」という救世主の
出現でチームはガラリと変わる。
厚木スーパーキッズ、九沢ブルーウェーブ、
デイリー相模原ボンバーズ、大和etc...。
数え上げたらキリがないが、当時は雲の上の存在であった
憧れのチームと互角に戦えるようになり、上のレベルで
戦えることの楽しさを教えてくれた。
上溝スーパーファイターズのベースを作りあげてくれたのは、
まさにこの年代の選手たち。
前チームでは、試合後に一人で泣いていた「たつひろ」が
タバコを吸うようになり、ブログにコメントを書いてくれる。
真直ぐ走れない「けんすけ」の運転で自宅に送ってもらう。
みんな立派に成長したなぁと、感慨深いものがある。

さて、今回の夏の県予選。
できること、考えられること、その全てを投入して試合に臨む
ことが出来たと思う。満足はしていないが、ここ最近の試合と
同じように「良いこと」と悪いこと」の課題がクッキリと
浮き彫りになった結果である。
試合の詳細には敢えて触れないが、「大会の意味」もまだ理解
できていない5年生以下が、夢中で、本気で取り組んでくれた
結果であること。(試合に出られないジュニア、キッズも含めて)
これは大きい。予選落ちしてもおかしくない内容の試合を、
救ってくれたのは、5年生以下の守備と保護者の応援。
間違いなく、チーム歴代の中で3本の指に入る素晴らしい応援
でした。「応援に背中を押される」ことを、久しぶりに実感させて
もらい、嬉しい限りです。
前日の練習内容を見て、真直ぐ走れないOBが予想していたそうです。
「明日は6年生が当たって終わりだろうな」と。
問題はいたるところに転がっています。それに気付くためのヒントも
何度も与えています。でも、やらない。変わらない。だから
毎回やらかしてしまう6年生、親
毎回やらかして、他人のせいにする6年生、親
やらかしてしまうことを恐れて、やらない6年生、親
やらかすこともやらずに楽をする、満足してしまう6年生、親
が存在するのです。
無理やりやらせることは簡単です。でも、それでは上のレベルでの
戦いで、必ずボロが出てしまう。だから、今は「見ている」のです。
本気で考えて、本気で理解して、本気で行動して、本気で反省する。
このどれかか抜けているから、毎回同じ結果。
もう、あと半年しかないんです。
マネージャーが言ってましたよね。
「今諦めるなら、子育てそのものを諦めた方がよい」
あなたと我が子の一生を左右する、大事な時であり大事なこと。
それは、間違いないです。

でも、救いなことがひとつ。
この問題は、毎年起こることなのです。強くならなければ、チームが
良い方向へ向かわなければ、起こらない問題なのです。
例年、この問題が出てくるのは秋から年末くらい。
でも、今期は「今」起こっているということ。
色々な物事が、とても早い時期に起こっている。これは自分にとって
とても嬉しいこと。だから「先」を考えられる「今」が楽しい。

厳しい現実を突き付けられて、6年親子はどうするのか?
もう少しだけ、「見ていよう」と思います。
[2014/07/15 22:31] | 大会 | コメント(2) |
「オーラ」?
諸事情により携帯をスマホに変えた。
あんなに必要ないと思っていたが、
まあ、あれば便利。今更ながらLINEも入れてみた。
「ブログ必要ないなぁ」と思ってしまう。
自分にとってブログはチームの父兄、選手に向けての
発信手段であり、その点ではLINEのほうが遥かに便利。
今後もブログを更新する機会は滅多にないと思うが、
今回は良く働いてくれる鬼さんから要望があったので、
珍しく更新する気になりました。

巷では黒魔術も使えると噂される監督です。
他人の夢にまで入りこんでしまう、恐ろしい能力を
持っております。しかーし、他にも持っている能力が
あるのです。それは---
「オーラ」
が見えるんです。ホントに!
でも、常に見える訳じゃないです。まだまだ修行途中
なので、話半分と思ってください。

気付いたのは5年前、高校のハンドボールの試合を見に
行った時。その試合は娘の高校が全国出場を決める
大事な一戦。いつものようにアップする選手たちを
眺めていた時。キーパーが一人で柔軟をしている。
その足元から「何か」が見える。黄色い炎のようなもの。
その時は何だか分からず気にも止めなかったが、他にも
数人から同じようなものが見える。「あぁ、これが
オーラなのかな?」朧げながらそんなことを思った。
その後も数回同じような経験をしたが、「見えた」のは
全て高校生。それもハイレベルの選手。

そして先日の多摩川カップ。
朝、キャプテンがコンビニに入って行った。
そのうしろ姿を何気にみていた時、
「ヒュッ」
一瞬だったが、「あれ」が頭の辺りに見えたのだ。
驚きと同時に嬉しさで、笑いが込み上げた。
小学生で「あれ」を見るのは初めてだったから。
(今日はよっぽど良い試合をするか、全くダメかの
どちらかだな)
結果は、前日までの修学旅行気分を引きずってきた
せいで全く良い所なし。でも自分は満足だった。
キャプテンが一試合目終わって、珍しく泣いていた。
そりゃあそうだ。「あれ」が見えるほどレベルアップして
気合いを入れて臨んだ試合だったのに。
「自分もチームもやりたいことが出来なかった。」と言って
キャプテンは泣いていた。泣く理由は分かっていたが
「お前に泣く暇があるか?」といつも通りのお怒り。
でも内心嬉しくてしょうがなかった。
あんなにヘタクソで、すぐ泣いてしまう弱い女の子が
立派なキャプテン資質を備えて、このレベルにまでなったから。
嬉しい反面、「これから大変だなぁー」とも思う。
他の選手を、あのレベルまで引き上げなければならない。
でも、キャプテンはやってくれると思っている。心配はして
いない。頼むよ、ジュネ。
[2014/06/25 02:34] | 大会 | コメント(2) |
最後の最後
県予選で引退となり、その後は
大会・交流試合全て5年メインで行ってきました。
他チームは、最後の大会なのだから
どこのチームも6年の活躍の場は
当然ながら確約されているわけで・・

でもそこは上スパだから・・・

恐らく6年親のほとんどが
6年はベンチで、試合にも出られない可能性が
ほとんどなのだろうと思っていたと思います。

それでも、最後だからベンチで試合を見たい
という6年親の希望があったので、
私はトーナメント1試合までは
久々上で父兄と共に一母として
2年前のように一眼レフを片手に
大きな声で応援させて頂く事が出来ました。
個人的には上で試合を応援するのは
純粋に試合を楽しめて良かったです(^^)

下に降りていないので細かな指示は
その場ではわからないけれど、
初戦には6年全員がコートに立っていました。

もともと運動能力は決して高くないし、
根性も無いし、根気も無い6年だけど、
今まで見てきた中で一番一生懸命で
一番頑張っているなと感じられた大会になりました。

岡田監督は一度見切りをつけてしまったら
それ以降は一切怒らなくなります。
あれだけ怒られる事が嫌だったであろう選手も
一切怒られなくなると、寂しいのだそうです。

でも、昨日の大会では、怒られてたよね。
ちょっとびっくりしたような表情をした
6年男子が印象的でした。

監督がいつも言う
“怒られる価値”
少しは感じる事ができたかな。

何度も言いますが・・
ダメなところが突然直るわけはないし、
性格だって急に変わる事も無い。
技術力が突然上がる事も無い。
それでも昨日の試合をすることが出来たよね。

パスだってつながらないのはいつものことだし、
監督にもあんな程度では全然ダメと言われたけど
そんな中でも、今までよりは良かったよね。

新しく入部した夏雪の
たくさんのキャッチもすごかったけど、
やっぱり6年!結羽も匠もたくさんキャッチしてたよね。
なかなかアタックをしない
謎のアタッカーだった正悟も、
昨日は今までに比べたらアタックを決めていたし。

球は速いのにいつも変な所に投げてしまったり
ドストライクに投げて相手にボールを渡してしまう陽菜も
昨日はやっぱり陽菜はかっこいい・スゴイと
後輩に思ってもらえたのではないかなと思います。

プレーはハラハラする場面ばかりだし、
ミスも多かったけど、昨日は珍しく、
上スパに良い風が吹いていたように感じました。

ベンチからではなく、上から君達の姿を見るのは
とても新鮮だったというのも
プラスされていたのかもしれないけれど
いつものドンヨリした雰囲気はなく、
この1年、ずっと影の薄かった6年が、
なんだかちょっとだけ逞しく、
そして目立っていたように思います。

最後の最後で4位。
結果的には賞状もカップも何もなしで
残念ではあるけれど・・
あれだけ弱くて勝てない1年を過ごしてきた
今年の上スパとして上出来だったと私は思います。

準決勝で負けて泣いてしまった陽菜だけど
私に
「まだ終わってないのに泣くな!」と
頭をパチっとされて泣くのをやめました。

その涙はあったけど、最後4位になってしまった時・・
6年として戦う最後の試合を終えた後の6年は
全員、やりきった顔だったように見えました。

結果的に今年獲得できたのは
駅伝の入賞のみではあるけれど、
人生の中でかなり濃い1年を過ごし、
意味のある時間を過ごした事は間違いありません。

“最初と最後を大事に”
を大切にする私としては
最後の大会で今出来る精一杯を出し、
必死に頑張れたと思うし、
そういう姿が見られて良かったです。

そして・・
匠の選手宣誓。
大きな声で堂々と宣誓出来たね。
かっこ良かったぞ!
D40 013

審判に出ていた6年母2名は・・
着ぐるみ姿で登場!(^^)

D40 468


何も賞を獲得出来なかったせいで
チームの写真がまったく無かった今年度。
大会終了後、皆で写真を撮りました♪

手のかかる問題児5名と鬼2人の仲間達♪
D40 486

1年間支えてくれた6年母と問題児(^^)
D40 612


1年間、お疲れ様でした!!!
D40 616







[2014/03/24 23:32] | 大会 | コメント(0) |
次のページ
プロフィール

監督・コーチ

Author:監督・コーチ
上スパブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

質問等はこちらまで・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。