ドッジボールは好きですか? by上溝スーパーファイターズ
ドッジボールに対する監督/コーチの思いを書きこめたら・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
天使の魔法、天使の悪戯
接骨院開業中の監督です。
最近は魔術修行が忙しいのに、マネージャー親子から
煽られてばかり。ブログ更新なんて暫くやらないと思って
いたが、可愛い娘?からの要望やその他方面からの
強い圧力(笑)があったので、働きます。
今回は、悪戯好きの一番天使が「ブログが短すぎる」と
言っていたので、少し長めにしてみました。

最近、遠征が多く保護者にはとても負担を掛けています。
でもそれを黙々とやってくれる。本当にありがたい。
そのおかげで、選手たちにも今までとは違う変化が
出始めている。内容が全て良い訳ではないのだが、
良い点と悪い点がはっきりと際立ってきた。だから、
課題が浮き彫りになり、明確な指導ができる。
当然選手も理解し易くなり、それが結果となって
現れ始めてきた。指導する側としては本当に楽しい。
日々、いろいろな選手が変化する瞬間を見ることが
できるから。
今回行った2日間の合宿でも沢山の変化を見ることが
できた。この「変化」を目撃できた保護者の方々は
本当にラッキー!出来なかった方々は大損害...、
ですよ。次回は必ず「見る」ことをお勧めします。
内容については、・・・。
毎回のことだが、とても書けません!
文章にしたら恐らく文庫本一冊くらいの量になって
しまうだろうし、あの感動はとても表現できません。
なので、ほんの少しだけ。

7、8年前だと思う。
自分が尊敬する、大好きな女性監督のひとりが
ある大会会場で何気なく発した言葉で、とても印象に
残っている言葉。
「うちの天使ちゃん達は何処に行ったんでしょう?」
そう言いながら自チームの選手達を探していた。
そのチームは有名な全国チームで、選手は監督よりも
頭ひとつくらい大きい坊主頭の男子ばかり。当時の
自分には、お世辞にも「天使」には見えません。
その後何度か試合をさせて頂いて、他の指導者スタッフや
保護者の方々を見れば見るほど、素晴らしいチームだと
いうことが良くわかる。あの言葉に表現される、監督の愛情や
理念が本当にチームの隅々にまで行き届いている。
「自分のチームもこうありたい」
朧げだが、そんな理想を思い描いていた。

自分が監督になり、あの時に思い描いた理想にはまだまだ
達しないが、確実に近づいている。
今回の合宿では、それをとても強く感じた。
うちのマネージャーも「天使」の意味が良くわかると言う。
とても嬉しい。また一歩、理想に近づいている。

最近の子供は、良くも悪くも「普通の優等生」が多い気がする。
うちのチームには、何故か学校では問題児と言われる子がよく
来るのだが、来て見ると「え?この子の何処が問題?」という
場合が殆ど。子供は周囲を見て「今はちゃんとしないと何か
大変なことが起こる」という雰囲気を察知して、キチンとした
行動をする。そのまま練習を重ねていれば、自然と強い選手に
なっていく。だから、どんなに「問題児」と言われる子が来ても
驚かないし、3ヶ月で変えることができる。
最初から悪い子供はいないし、子供は「天使」だから。

でも、「普通の優等生」ではない子供が現れた。
体験に来た一組の兄弟と男子。整列する時もポケットに手を
入れたまま。そもそも、整列もちゃんと出来ないし。
「おらぁ、かかってこいやあ!」が口グセ。
弟は「オレってスゲーだろ」を連発。自由奔放。
何だ、コイツらは!楽し過ぎる!まるで昭和の子供。
普通の優等生ばかり見て来た自分には、とても新鮮で
毎回何かやらかしてくれるから、練習していても
楽しくてしょうがない。「コイツらが近い将来、チームを
変えてくれる・・・」そんな予感がしていた。

そんな昭和のクソガキ、もとい子供たちも立派な選手に
成長しました。
今回の合宿メニューのひとつ、反復でのこと。
声を出しながらの反復はとても辛いし、何回も繰り返し行うので
普通は回数が減っていく。頭のいいヤツは、手を抜きながら
ある程度の回数を維持しようとする。それが普通の優等生。
250回前後の無難な回数をこなしているだけ。
でも、それでは勝てない、強くならない。
終わってから、選手の反復回数を聞いても「まぁ小さい子は頑張ってる
けど、他はつまらない数字ばかり」と思っていた時。
「イタル、300回!」
え?耳を疑った。本日の最高記録を最初に叩き出したのが、あの
「イタル」だから。センスもない「イタル」が、どんなことであれ
最初にチームでの最高記録を出すということ。これは、本人の
努力以外の何ものでもないし、最初に出すということの意味の大きさを
他の選手には解って欲しい。
普通の優等生が無難なことをしている間に、「イタル」は自分の努力で
6年生までも追い抜いていった。
この記録に刺激を受けた他の選手も、素晴らしい記録を出していく。
まさに、「天使」が他の天使に魔法をかけた瞬間。

「ナツキ」と「カオル」
この兄弟からは、今時珍しくとても深い兄弟愛を感じる。
あれだけケンカして、兄の荷物を持たされたりしても
弟の「カオル」は「ナツキが大好き」と言う。
そんな、大好きな「ナツキ」が入院してしまった。
当然合宿にも参加できず、「カオル」は「ナツキの分まで頑張る」と
言っていたが、内心不安と寂しさで一杯だったと思う。
食事の時、誰かが「ナツキのこと心配?」と聞いて、「カオル」は
「うん、心配」と言って泣き出してしまった。
一堂「可愛いなぁー」。そりゃあ「天使」に見えるわ。
幸い、「ナツキ」が退院できて、少しだが合宿の最終日に来ることに
なった。久しぶりに見た「ナツキ」は満面の笑みで、でも少し恥ずかし
そうな顔をして、体育館に入り一言「ただいま!」
一堂「可愛いなぁー」そりゃあ「天使」に見えるわ。
合宿も終わりに近づいて、OBにガンガン投げてもらい、良い感じで
守備が出来てきたと思ったので、練習終わりにしようと思った時、
マネージャーが一言。
「ナツキのために、皆であと少しこの練習をやらない?」
え?病み上がりのナツキには、これは厳しいでしょう。
ヨシカやショウの時もそうだが、(この内容が気になる方は
マネージャーにどうぞ)自分にはこの判断は出来ない。
「母は、女性は強し」また、実感した。
「ナツキ」を加えて、再度の守備練習。「ナツキ」にとって
久しぶりに見るOBが投げるアタックは恐怖だったと思う。
でも、それを周囲の天使たちが「ナツキ」に取らせようと
必死に動く。その魔法でどんどん守備レベルが上がっていく。
この守備を大会でやってくれれば、何も心配ない。
そんな気持ちにさせられたし、保護者の方々にも感じて
頂けたと思う。
練習も終わり、最後に皆が一人づつ「ナツキ」に言葉を掛けて、
「ナツキ」が一言「ありがとう」と言って泣いた。
その瞬間、「ナツキ」という天使は確かに魔法で選手や保護者までも
変えた。今、チームに最も必要で足りないものを与えてくれた。
「仲間」ということを何万回説明するより、あの一瞬で確実に本当の
意味での仲間というものを、その場にいた皆に実感させてくれた。
素晴らしい天使の魔法。

合宿では布団の上げ下ろしは、全て選手がやる。
監督、コーチの分も当然やる。
今回は、新しく入ってきたショウや2年生のフミヤがよく働いていた。
「5年は働かないなー」
見回りを終えて部屋に戻ると、既に消灯。男子は寝ていた。
用意された布団に入ると、何か違和感が。
「掛け布団、重っ!」
なんと、自分の布団は「敷き布団、敷き布団」の組み合わせ。
隣のコーチに声を掛けた。
「これ、ひでーよ。」
「なんか、こっちの布団もヘンなんだよね」
触ってみると、こちらは「掛け布団、掛け布団」
なんだ、こりぁ・・・。
でも、天使たちが一生懸命敷いてくれた布団なので、
二人とも笑いながら、そのまま寝ました。
細やかな天使の悪戯。
[2014/07/06 18:46] | 練習 | コメント(1) |
<<チームを動かすもの | ホーム | 「オーラ」?>>
コメント
接骨院開業中だの、黒魔術修行中だの・・(笑)
いきなりブログ見た人は、このチーム頭がおかしいと絶対思うだろうなぁ~(^^)
選手の数だけおもしろさが増す。その分大変さも増すが、その先にある素晴らしい光景を子供達が必ず見させてくれるから、苦ではない。

夏雪の件はこの書き方じゃ~退院直後の選手にどんだけ酷いマネージャーだと思われてしまうので、ちゃんと説明するが(^^)
私はもともと夏雪が合宿に顔を出しても練習させる気は一切なく・・そしてちょこっと参加しては休む姿を見て、ゆっくりさせたいと思っていた。

舞台の上で一人寝て仲間を見つめる夏雪がなんだか寂しそうに見えたので、私は体育館の下に来るように夏雪を手招き。
可愛い天使ちゃん。久しぶりに見た夏雪を近くにおいておきたかったって言う私のワガママでもあったのはここだけの秘密(笑)
眠くないと言ってた夏雪だけど、ここは絵美ちゃんのゴッドハンドで寝かしたろ~!と思い、横になる夏雪の体に手を置いてやると、す~っと夏雪が目を閉じ、仲間の声を子守唄代わりに眠りについた。
普段、女子に甘すぎてただの娘を可愛がる爺さんになってる監督がそれを見て
「あ~甘いなぁ」
と。いつも私に嫌味を言われてる分、ここぞとばかり言い返してくる。ふ~ん聞こえませ~ん!!

昭和のクソガキ夏雪(^^)この時代では天然記念物級!入院中何度もメールのやりとりをし、
「泣くんじゃねーぞ」
と私が言えば、私に向かって
「俺がいないからって泣くなよ」
と言い返してくる。
車が汚いのが大嫌いな私は頻繁に洗車に行くのだが、以前練習の帰りに洗車していこうと思っていると、自分のお母さんが迎えに来ているのに、なぜか私の車に勝手に乗り込み、
「送ってって」
と言いだす。お前は私の彼女か!(笑)

「んじゃ~洗車するから手伝えよ」
と言い、手伝ってくれたことがある夏雪は、
「退院したらまた洗車してやるからな」
というメールまで送ってきた。
・・・かわいすぎるでしょ。クソガキ天使ちゃん!

もっと恥ずかしくなるようなメールまで送ってきたが、そこは秘密にしといてやろう(笑)

ま、そんな状態で心配していたけど、退院が早まり、合宿先に来た夏雪。
お母さんがまず最初に絵美ちゃんに会わせたいと言い、私は誰より先に夏雪の元へ。階段を降りて行くとエナメルを肩に背負い、いつもとなんら変わらない・・いや、痩せた夏雪が恥ずかしそうに隠れながら私が来るのを待っており、思わず駆け寄り、

「夏雪~~~おかえり~~~!」
と、思い切りハグ!!

5年生の男の子。
うぜ~とか、きもいとか拒否されてもおかしくない年齢だけど、夏雪はクソガキ天使ちゃんなので、そういうのは全面的に受け入れてくれる。・・どころかめっちゃ嬉しそう。
あ~可愛い!!!

夏雪の肩を組みながら皆の待つ体育館へ。

上スパグループLINEのボイスメッセージに、
「俺の帰る場所は家ではなく上スパだ!」
と入れていた夏雪。
なので、夏雪に、
「おい、皆になんて言うんだよ~」
と言うが、照れて無難な挨拶をしようとするので
「夏雪~ただいまだろ?」
と言うと、恥ずかしそうに
「ただいま~~」
あ~~可愛い!!

そんな中、夏雪を迎えた私にはそもそも練習をさせる頭も無かった。そして目の前で無邪気に眠る夏雪を見たら・・普通に考えてまだ練習する状態ではないと判断。

でも・・監督がそろそろ練習を終わりにしてそうな気配を感じた時、菅野コーチから聞いた夏雪の発言で前言撤回。これは短い時間でもやらせなきゃ絶対ダメだと思った。

あれだけ練習に来たがっていた夏雪。
けれど、舞台の上から見ていた夏雪はどこか遠い目をしていた気がしていた。それは中に入って練習出来ないからなのか?と思ったりしたが・・
菅野コーチが「入りたい?」と聞くと、「ううん」と答えたのだと言う。
合宿の2日間で、別人のようにうまくなった仲間達を見て、自分との差を感じてしまったようだ。

だからここで夏雪を帰らせるわけにはいかなかった。こいつがどれだけの想いで入院生活を送り、どれだけの気持ちを持ち、退院した足で合宿先に来たのか私は痛いほど知っているから。

そして皆の上達ぶりを感じるのもよくわかった。誰が見ても別人な状態だったから。

やりたい気持ち、やれそうにない不安。
このまま帰したら、こいつは県予選までこの気持ちを引きずるはず。
でもピンチはチャンス!
今の選手状態に足りない・欠けてる仲間意識も、これで一気に変わるはず。
・・だから私には練習を終わりにすると監督が言ったのを無視し、割って入り、選手達に声かけをした。

監督が終わりにしようとしていた時だって決して悪くはなかったし、その時点でも合宿の成果は十分に感じられていた。でも違う。ここまで来たら、あと一歩先へ行こうじゃないか。きっとその先は、この天使ちゃんズが大人には作れない子供達で作り上げる世界を見せてくれるはず!

夏雪が加わると、足並みがきれい!
声も大きい!
守備もすごい!

2日間の地獄練習の最後。疲れてヘトヘトなのは間違いない。
だけど集中力が半端ない。こんな姿、見たのは今年初だった。
いや、私が見てきた3年の中でも見た事無い光景だった。
いつもはビビってしまうOBの剛速球も、バンバンキャッチするし、難しいコースだって神がかり的な雰囲気すら漂っていて、OBがまさかの悔しがるという異例の光景が目の前で繰り広げられた。
その中で、夏雪も何発もキャッチ。その度に盛り上がり、さらに集中が増す。
今思えば、あの変わる瞬間をビデオ撮影し、記録に残したかったと思う。あれは伝説になる。そのくらいすごかった。
そのくらい目に焼きつく光景だった。

監督やコーチは、内心心配していたと思う。
だけど私には母親的直感とでも言うのだろうか。何の根拠もないが、絶対に大丈夫だし、絶対にミラクルな光景を見せてくれるという確信があった。

・・・ってな感じなので、私は極悪非道ではございません!!(笑)あれ・・これ書いてもっとそう思われちゃった感じ??(;O;)

でも一つだけ言えるのは・・
監督が女子を甘やかすのはただの甘やかし!
私のは、飴と鞭の中の飴な部分!
一緒にしないでください!
迷惑!迷惑!
[2014/07/09 09:03] URL | よく働く鬼さん☆マネージャー絵美ちゃん #CGSys/Bo [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

監督・コーチ

Author:監督・コーチ
上スパブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

質問等はこちらまで・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。