ドッジボールは好きですか? by上溝スーパーファイターズ
ドッジボールに対する監督/コーチの思いを書きこめたら・・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
駅伝練習
マネージャー細谷です。
久しぶりの更新ですみません。

他チームの監督さんからも先日の大会で、
「細谷さん!夏からずーっとブログ更新されてないじゃん!
己との戦いどうしたのよー!続きは?」
なんて言われてしまいました(^_^;)

己との戦いですよと言ってきたのですが・・
相変わらず・・・
スーパーファイターズって名のつくチームのはずが・・
超戦士って背中にでかでかと書いてあるはずの戦士が・・
弱戦士?って書いてあるのかと目を疑ってしまうような状態。

そこで、数年前からいつか出させたいと思っていた駅伝大会が、
どこか無いかと探していると・・
部長から耳より情報ゲット!
回覧版で藤野の駅伝大会募集が回ってきたとのことで
急いで連絡をしてもらい、急きょ参加決定!

体力作りには時間をかける我がチームは、
スタミナは夏までにしっかりつけたはず。
マラソン大会ではなく、あえて駅伝に出させたかった私は、
各家庭の父兄に、駅伝参加の意味を
しっかり子供と話し合うよう、お願いをしました。

コースがどんな状態かすらわからない。
とりあえず1.5キロ~2キロ程度を走ることという
かなりアバウトな情報だけしかない中で、
体育館の中を1.5キロ程度、タイムを計りながら
駅伝方式でバトンタッチする形で何度か走らせてみました。

常に自分と戦って毎回、記録を意識しながら走れているのは
2番を背負う5年生・樹音だけ。

体力には定評も、自信もあるはずの6番・6年の風花は、
一緒に走る一走の二人より速いということで
変に安心してしまい、いつもタイムが悪い。
風花は出来るのにやらない。
駅伝に限らず全てにおいて常に全力でやらない。
上の相手と比べず、必ず下の者と比べて満足するタイプ。
5分以内に走ると目標を立てても、意識するのはタイムより順位。
誰かが引っ張って行ってくれたらやれる。
誰かに頼らずにやれる力があるのにやらない・やれない。
前回のブログから、残念ながら成長はみられない。

選手には「がっかり」という言葉の意味を先日の大会後、
私からお話しましたよね?
がっかりされるのは期待されてるから言われる言葉でしたよね?
・・なので風花には、がっかり!がっかり!・・がっかり!です!

今日こそはやってくれるだろう!の期待を
見事に裏切り続けた。
その結果が駅伝の結果につながります。
それはまた次の機会に書こうと思います。

下を見て満足するのは、風花だけでなく、ほかの選手・
そして保護者も同じ。
下を見て、小さな小山の大将になれば、
そりゃ~気は楽だし?そりゃ~気分も良いし?
出来ない現実を受け止めずに済みますし?
上より出来ない理由は、
~ちゃんが出来るのは~だから  とか・・ね。

人間は悲しいこと・辛いことを忘れようとする力があります。
体に出来た傷も、ある程度のものであれば
自然治癒力と言って、自らの力で治せます。
それと同じように、心も知らず知らずのうちに
傷つかないような選択をしようとします。
それも、生き抜くすべの一つであることは確かです、

何かしら理由をつけると、さらに自分自身も
あたかも「その言い訳」が、正しいことのように思えてくるのです。
時にはそういう選択も必要なこともあるかもしれない。

だけど・・逃げると言う方法を選択し続けると
本来持っているその人の大きなパワーも忘れ去って、
そのうち自分にそんな力があることすら忘れてしまいます。

親の場合、自分の子供が出来ない現実を受け止めると、
親として努力しなければならない。
でもわからない。そこまで頑張れる気力も無い。
だから、
この子には無理。この子は精いっぱいやってる。
そうやって勝手に子供の能力を決めつけて
勝手に満足できるポイントを探してしまいがちです。

なんでそんなところで満足してしまうのか。
私はもったいなくて仕方ないと思います。

あなたのお子さん、もっともっと出来る力ありますよ?
だって私には見えるもの。
お父さん・お母さんには我が子の力、見えてませんか?
我が子なのにどうして見えないのでしょう?

・・それは親が傷つくのを怖がっていたり、
親として子供をサポート出来てない現実を見たく無かったり、
変な大人のプライドだったり・・ではありませんか?

可愛い子供の邪魔をしているのは、
親のエゴや、くだらないプライドが大きい場合もかなりあります。
そしてさらに厄介なのは、大人はそれを指摘されるような機会も少なく、
また、指摘されたところで受け入れられないケースがほとんどです。

受け入れる事は難しい。
だから逃げたい。
だから指摘されたら、指摘した人の批判をする。
そして・・変われない。

逃げることをこんなにもダメとしているチームに所属しているのに
どうにかして逃げる道を探す子供が大半です。
なぜだと思いますか?
日頃から、逃げる道がたくさんある環境にいるからではないですか?

みんな素敵な保護者。
選手も皆、可愛くていい子ばかりです。
特に今年のチームの親は雰囲気も良いし、なかなか自慢のチームです。
それぞれにいいところがある親が多い。
でも親子関係をみると、複雑です。

親には偉そうにワガママ言い放題。
親には生意気な口調。
やってもらうのが当たり前。
暴言吐くのも親なら良しだと思ってる。

そして親は、
思春期だから仕方ない
もぉ~本当うちの子やぁね~で済ます・・

これは親が逃げてる証拠ではないのかなって思います。
先日、子供達に聞いたところ、
お父さん・お母さんには他の人には言わないような
酷い言葉を言ったりしてる子は、何人もいました。

手を挙げた子は、見事に、嫌なことから逃げる子ばかりでした。

親が逃げるような育て方をしてしまっていることに
早く気づいてあげてほしい。

子供が逃げるようになったのは、親の責任です。

日々の子育ての中で、子供に根負けしてばかりいるから、
子供は偉そうになっていくし、生意気な事を平気で言うし、
親にだけ暴言を吐くようになるのだと思います。

子供と向きあうって大変だし、体力も時間も使います。
だからめんどくさくなるし、もういいやってなる気持ちもわかります。
だけど、ここだけはというポイントに限って、
親が子に負けてしまう人が多い。

子供が発信しているポイントを見れていない家庭が多いです。
せっかく良い考えを持っているのに、大事なポイントで甘やかしてしまう。
大事なポイントで、怒らない。
そういう積み重ねが、大きなズレにつながります。

私自身、子育て歴で言えば保護者の皆さんより、少ないですし、
年齢も若いし、本来ならばモノを申せる立場ではありません。
ですが、その私に気付けて、親の皆さんが見えていない
我が子の大切なポイントがあまりにも多すぎです。


選手にも話しました。

マネージャーの練習は、上手い下手では判断しません。
やれるくせにやらない・サボる・ズルをする
そういう奴には本当に厳しいです。
下手でも頑張ってるヤツにはいくらでもチャンスもあげるし、
そして一生懸命教えたい。
だから、マネージャーの練習が嫌だとか、怖いとか、
厳しい、酷い・・まぁいろいろ思う子や親がいるとすれば
その人は、逃げる人だという証拠ですと。
そう思わなくなってきたという人は、
自分に負けない気持ちが付いてきた証拠ですと。

ドッジボールが強くなる・うまくなる以前に、
関わった子供達には、芯のある強さを持って
しっかりと人生を歩める子になって欲しいと強く思っています。
また、その責任が指導者にはあるとも考えています。

子供は素晴らしい。
時に、親よりいろいろな事をわかっています。
そして親に合わせていることもある。
本来の自分を出すことより、親が望むようにする子もいます。
子供は大人が思うよりずっとずっと賢くて繊細、そして敏感です。

脱線しましたが・・・
本題の駅伝練習に話を戻しましょう。

嫌なことから逃げる。
これが邪魔してしまう我がチーム現キャプテン・陽菜。
運動神経の良さは、チームでもピカイチ。
けれど、どうしても嫌な事から逃げ、好きな事ばかりを選択する。
自分勝手なところが、自分自身理解出来ていないせいで、
知らず知らずのうちに、ワンマンになってしまう。
それが駅伝練習でも浮き彫りになりました。

けど、最近・・恐らく途中でキャプテンになってから、
仲間の大切さを肌で感じ始めたのかなと思う事があります。
人と人とのつながりの温かさを
自分なりに見つけられるようになった気がします。

ナイフのような目つきが、
本来彼女が持つ優しさや、可愛い笑顔を見せるようになり、
彼女自身に温度を感じるようになりました。
・・・でもダメです。
キャプテンとしてはまったくダメ。
自覚が足りなすぎる!
家族を大切に出来ていない彼女にチームは守れません。
支える・守るではなく、
自分が守られている中で自由にやってるイメージです。

あんな情けなく走るキャプテンには、誰もついてきません。

あなたはもっと人を信じ、甘えなさい。
楽をするという意味の甘えるではありません。
人に寄りかかることも時に大切なのだよ。
あなたはまだ12歳。
一人で何でも突き進むにはまだまだ子供です。
一人では生きられないという事をしっかり感じた上で
人に頼らず生きていくなら問題なし。
でもあなたにはまだ、そこが理解出来ていない。

意味がわかってもわからなくても、
この話をお父さんとお母さんと一緒に話してみてください。

一番近くて頼れるはずの親に背を向けてしまう。
そこが変われたら、あなたは
真の強さを持つ素敵な女性になれると思います。
そしてかっこいい選手になれるはず。

ただの強がりは、かっこ悪い。
本当に強い人間は、優しさも人一倍強く持っています。
人の痛みも人一倍、感じれるのです。
だから強いのです。

強くなりたいなら、自分としっかり向き合う事。
それがあなたの最大の課題です。


長くなるのでひとまずここまで・・。
駅伝本大会の選手についても早く更新したいので
次の更新、なるべく早くやれるように頑張ります(^_^;)

[2013/12/18 16:44] | 大会 | コメント(3) |
<<駅伝練習 その2 | ホーム | 己との戦い>>
コメント
私も、駅伝の練習は見ていたけれど
一生懸命走っている姿が全然見れず、
まだダメだな。と、思いました。

その中でも、一番頑張っているのは、樹音だと
私も思った。毎回、手を抜かず自分の力を
出し切れていたと思う。
まだ4年生の颯翔・圭一もしっかりと
走る事ができていた。

6年は自分の力をちゃんと出さないで、
楽して走っていて何かいい事でもあった?
だいたい、1番はなんでも1番だから
1番なんだよ?それなのに、5年に負けていて
悔しいと思わなかったのかな?

本来は、1番ある陽菜が毎回1番速く
走れるはずじゃないのかな?
他の6年も同じように、なぜちゃんと
やろうとしないのだか。
[2013/12/18 21:32] URL | 由悠 #- [ 編集 ]
前回書いたコメントの続き・・。


6年の中に、今年上スパに入部した子
もいるけれど、試合中はそんなの
関係ないし相手はこっちの条件に合わせてくれる
わけじゃないんだよ。

選手権で予選落ちなんて結果だったら、
この練習をやった意味がなくなる
でしょ。
まぁ、今と同じ練習をずっとやっていたら
実際予選落ちだけどね…

昨日の練習でも、自分たちの攻撃を
出来ていなくてずっとマイボールに
することが出来なかったでしょ?

たとえ高校生、中学生が相手でも、
自分達の攻撃をしっかり出来なきゃ、
小学生どうしの試合でも、その
攻撃は通用しないんじゃないのかな?

去年いた、ユウ・ヒナ・フウカは
去年の6年がやっていた攻撃を
見ているでしょ?

いまだって、沢山のob・og
が練習に来てくれているんだから、
お手本に出来る人はたくさんいるんじゃ
ない?

チーム内で一番ボールが速くても、
実際、試合になると通用しないよ。
そのことは、ウチだって分かっていたんだから。
関東大会の、予選3試合目では
私のせいで負けたと思っている。

確かに、ボールは速かったかもしれないけど
強い相手には通用しないって、
そこで気付いたんだよ・・。
まぁ、すでに遅かったけどね。

でも、今の君たちはそれを十分理解
できる環境にいれているんだよ。
だから、死ぬ気でやってみなよ。
絶対しなないから。
今楽したら、後で辛くなるだけだよ。

だから、1日1日を大切にして
自分のやるべき事を真剣にやること。
君たちになら、絶対出来るから、
頑張れよ!
選手権まで、後44日。
[2013/12/19 08:08] URL | 由悠 #- [ 編集 ]
今年の6年の中で、ドッジボールをやっている
期間が1番短い匠。
キャッチは、最初からある程度はできていたが、
基礎がなっていなかった。
でも、やる気があって真面目だったから
どんどん上手くなっていくのも
すぐわかった。
でも、今は全然だめ。
6年生として、男子として。
まぁ、元気はあるしそこは良いと思う。
だけど、残された時間は少ない。
今、何が出来るか。
どうしたらもっと上手になれるか。
まずは、自分で考える事。
家では自分の悪いところを
修正するための練習。
ドッジボールの練習では、
何事も一生懸命に。
あと、1ヶ月後には「選手権」
それまでに、どう変化する事が出来るか。
それで試合の勝敗が決まります。
自分にしか出来ないこともあるんだから、
精一杯やること。
[2013/12/19 15:59] URL | 由悠 #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

監督・コーチ

Author:監督・コーチ
上スパブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

質問等はこちらまで・・・

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。